セミの鳴き声は気づかぬうちに秋のそよ風となり
嗚呼、また呼んでいる。
山が僕達を呼んでいる。
いや、僕達が山を呼んでいるのか。

10月14日(日)AM9:00、本日の登山も県庁前よりスタート
e0211703_18503698.jpg


今回も目的は日・祝限定のおでんだ。前回のおでんから半年は経っただろうか。時の経過と共にあの染みわたるおでんの味をこれでもかというくらいに美化させ、止まらぬ衝動に追い込まれた。

行くしかない。



眠たい目を擦りながら、僕達は空腹と共に歩みを進める
e0211703_1850569.jpg

e0211703_1851987.jpg

e0211703_18513118.jpg

e0211703_18514353.jpg


何度も何度も見慣れたはずのこの道も、久しぶりの登山ということもあり、また新鮮になっていく。そうか、景色は変わるのか。

この夏にあった様々な自然災害も乗り越え、四季を巡り、もう二度と来ないこの景色を、山は僕達に見せてくれた。




さあ目的地へ到着だ

e0211703_18593517.jpg

e0211703_193012.jpg


数ヵ月ぶりのおでん。

留まることを知らず源泉のようによだれが何処からか溢れ出し、

大洪水の様に口の中を暴れ回った。

ゴロゴロと僕のお腹が唸る。

「おっちゃん、各1!」

e0211703_19191233.jpg


美化されていたあの記憶をも上回る美味さに身体中電気が走ったような感覚に襲われた。
僕の箸は止まる事は無い。小さな小皿いっぱいに盛り付けられていたおでんは胃袋の中へ入り、そしてまた僕達の記憶として残り続ける。

e0211703_19194245.jpg

暫くすると別で頼んでいた中華そばが到着

イイ雰囲気、普段とは違う景色そして空腹時に食う中華そばは格別に美味い。

瞬く間に平らげた

満腹感を得た僕の脳は更に欲深く安らぎを求めた

e0211703_20183965.jpeg

そんな欲に勝てる訳が無く、僕は牛乳を手に取る

e0211703_20203154.jpeg

e0211703_20210084.jpeg

e0211703_20211638.jpeg

五臓六腑に染み渡り僕の血となり骨となる





本日の登山にノリノリで付いてきてくれた皆

e0211703_20265722.jpeg
大体skafer CAP。2-tacs大好きなY氏と
クラシカルな登山装備なY氏
PAINT GAINのY氏という
トリプルYさん達と





我らが先輩のY。
e0211703_20295441.jpeg

充実した時間を過ごし

本日の登山は終了

e0211703_20234822.jpeg

e0211703_20245762.jpeg

e0211703_20241506.jpeg

e0211703_20251433.jpeg



Tops&Bottoms→Burlap Outfitter
Sunglasses→IZIPIZI
by mwf_lantiki | 2018-10-14 18:13 |
<< Engineered Garm... Harapos Reales >>